" 車が高く売れる時期というのはあるのか

あまり長い間売却を引き延ばしてはかえって損

中古車の場合は、車種によって高く売れる時期というのがあるといいます。

その高く売れる時期というのが本当に確かなものであれば、少しでも中古車を高く売りたいと思っている人はその時期を狙って買い取り査定をしてもらえばいいということになります。

年度末がいいのか、年末がいいのか、いつが中古車の買取相場が上がる時期なのかを調べておくことで少しでも高く買い取ってもらうタイミングが分かるというものですね。

まず、車種に限らない全般的な話として、一年のうちで一番車を買い取ってもらうのに有利な時期というのは本当になるのか、あるとすればそれは何月頃なのかを見てみましょう。

1年のうち中古車が最も多く流通する時期は年度末である3月だと言われています。

3月に流通が多いということは、背景として3月に新規登録される車が多いということになります。

入社、入学など新年度を前にした時期の新車登録が多いというのは頷ける話ですね。

3月登録の車は3年目、5年目の車検時期等の節目も当然3月になりますから、車を手放す場合も3月頃が多くなり、その結果中古車の流通量も多くなるという訳です。

流通が活発だということは需要も増えるということで、1年の中では3月が比較的中古車を高く買い取ってもらえる可能性が高いということになります。

また需要が増える新年度に向けた中古車の仕入れは2月頃から始まるということから、2月も3月に準じて中古車を売りやすい時期だといわれます。

ただし、3月、2月がその他の月に比べてどの程度の幅で相場が上がるかはまた別問題です。

軽自動車、コンパクトカーは特に有利といいますが、それでも10万円とか20万円とかと言う目に付くほどの上がり幅ではないはずです。

確かに3月は有利なのかもしれませんが、その時期を待つために何ヶ月とか半年とか車の売却時期を遅らせるのは考え物です。

あまり長期間遅らせれば、年式落ちや走行距離の増加などでかえって損になる可能性が高いからです。

3月が有利だからといって何ヶ月も待つよりは、中古車一括査定を利用して、できるだけ早く売った方が高く売れるような気がします。

3月がいいタイミングだというのは、1月、2月に車を売ることになったら、少し待って3月にした方がいいという程度の話であると理解しておいた方がいいでしょう。

車は新車から時間が経過すればするほど評価額が下がります。

売ろうと思い立ったらできるだけ早く売るというのが一番間違いのない方法なのかもしれませんね。



このページの先頭へ