" パーツは査定でどう評価されるのか

純正パーツと社外パーツでは評価が異なる

車査定の相場

■純正のオプションパーツはプラス査定になる

一口にパーツ取り付けといっても、メーカー純正品から社外品まで様々なケースがあります。

まずは純正品の場合ですが、一般的にメーカーオプションパーツ(純正のオプションパーツ)は人気がありプラス査定になる可能性が高いと言われています。

仮に社外品に付け替えられていても、元の純正パーツが手元に残っており、穴をあけるなどの改造をしていなければOKです。


■社外パーツはマイナス査定になるのか

純正パーツはプラス査定要因になりますが、社外品のパーツはどうなるのでしょうか。

社外パーツはプラス要因どころか、マイナス査定になる心配があるのでしょうか。

結論を言えば、「よほど個性的なパーツでなければマイナス査定の心配はしなくて良い」ということになります。

純正パーツのようにパーツとしての評価はないが、パーツをつけるためにドリルで穴をあけたりしていない限りマイナスの評価をされることはないということです。

パーツショップへ出してもたいした値段が付かないようなパーツの場合は査定減を恐れてわざわざ外すまでもないということになります。


■社外パーツはメリットが最大になる方法で

パーツショップやオークションなどで高額な値段が付くような社外パーツの場合は、付けたままでも査定減にはならないでしょうが、期待ほどのプラス評価にもなりませんので、別な対応を考えた方がよいということになります。

パーツ専門店で査定が付く社外パーツは取り外してパーツショップで売却した方がいいし、次の車に装着するという方法もあります。

少々手間はかかりますがネットオークションなどで売却するという方法もあります。


■まずは一括査定でパーツの評価を確認してみよう

純正パーツを外して社外パーツを後付けしてある場合、査定マンにそのままの方が査定額が高いのか、純正パーツに戻した方が高いのかを聞いてみるのもいいでしょう。

社外パーツ付きの方が査定額が高く、その差額がパーツの評価からみて納得できるものであれば、そのままで買い取ってもらいます。

どちらでも同じようなものなら、純正パーツを付けて買い取ってもらい、社外パーツはパーツ買取店で買い取ってもらえばいいわけです。


簡単な申込み入力(最短1分)で各社が査定額を競争
詳細はコチラ

こちら こちら こちら




このページの先頭へ