" ボディーカラーで査定額が変わる

査定でプラス評価されるボディーカラーがある

車査定の相場

■白と黒がプラス査定されやすい

車の査定ではプラス査定されやすいボディーカラーがあります。

一般的にどの車種でもプラス査定されやすいと言われているのが白と黒です。

一頃「白いクラウン」のコピーがTV-CMをにぎわしたこともありましたが、白は時代の流行に左右されず飽きの来ないボディーカラーとして根強い人気があります。

車の塗料は白が一番堅くて強度があることも人気に寄与しているのかも知れません。

「白」といっても微妙に色あいの異なるいろいろ種類がありますが、白系統であれば人気色であると思ってよいでしょう。

中でも「パールホワイト」と呼ばれる真珠の輝きに似たホワイトカラーは人気が高いようです。

一方黒は、磨き上げれば独特なツヤと輝きがで重厚感が漂うことから若年層を中心に人気があります。

でも、どんな車種でも「白・黒」であればプラス査定になるとは限りません。


■どんな車種でも白と黒がプラス査定されるとは限らない

白、黒がプラス査定されやすい二大人気カラーであることはほぼ間違いの無いところですが、かといって白・黒であればどの車種でも必ずプラス査定されるわけではありません。

カラーバリエーションが豊富な車種やスポーティーな車種など、車種によっては白、黒以外のボディーカラーの方に人気がある場合もあります。


■車種特有の人気カラーがある

白、黒以外のボディーカラーでもプラス査定のチャンスがない訳ではありません。

他の種種ではプラス査定にならないが、特定の車種で特定の色がプラス査定になるということがあるのです。

例えばフェラーリのアイデンティティカラーは赤というのは有名ですが、このようにメーカーが推すボディーカラーの車が査定では高評価になるという場合もあリます。

車種ごとの人気色についてはインターネットや車情報誌で情報を集めることができますので、査定の前に確認しておくのが良いでしょう。


■人気色だったら必ずアピール

愛車が査定アップの可能性がある人気色だったら、「私はこのボディーカラーが人気色であることを知っていますよ」という旨をさりげなくアピールしましょう。

人気色であることを知らないと思われて、故意に無視されてしまうことを防ぐためです。

また逆に不人気色だからといってボディーカラーのみで減額査定される心配は少ないので、当然ながら自分の方から不人気色であること触れるのは避けましょう。

査定マンに「このオーナーも不人気色だと知っているんだ」と思われることは決して得策ではありません。


簡単な申込み入力(最短1分)で各社が査定額を競争
詳細はコチラ

こちら こちら こちら




大手車買取店ガリバーが2010年8月からの1年間に買い取った車のボディーカラーは多い順に次のようになっているそうです。

第1位 ホワイト

第2位 シルバー

第3位 ブラック

第4位 ブルー

第5位 グリーン

白とシルバーはいずれも約3割の構成比で僅差で並んでいるようです。

第3位の黒は、車の年式が新しくなるほど増加しているそうです。

一頃トヨタの「白いクラウン」のイメージ戦略で白い車の割合が約70パーセントにもなった時期がありましたが、日本以外の国では大体「白はオバケのイメージがある」ということであまり人気がないようです。

ですから白い車の輸出は不調ではないのかと思いきや、世の中は広いもので、白い車は未完成の車とみなされて税金が大幅に安くなる国があるというのです。

それは南米のペルーで、白い日本中古車の天国だというわけで輸出業者も大喜びだそうです。



このページの先頭へ